1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/05/02(火) 10:25:30.69 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000078-sph-ent
    スポーツ報知 5/2(火) 10:22配信

     1日に放送されたKAT―TUNの中丸雄一(33)がゴールデンタイム初MCを務めたテレビ朝日系バラエティー「世界ルーツ探検隊」(月曜・後7時)の初回の平均視聴率が5・1%だったことが2日分かった。

     中丸は「オードリー」の若林正恭(38)とともにMCを務め、番組では身近なモノのルーツを世界中飛び回って追跡していく。中丸は4月21日の制作発表会見で自ら特製名刺を手に報道陣を出迎えた。「(KAT―TUNの)デビュー会見の時にやらせてもらった。10年ぶりぐらい。(自分のルーツを思い出す?)そうですね。ルーツが充電期間中なので、こういう(披露する)機会がないので緊張した」と語っていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    【【テレビ】KAT―TUN中丸、ゴールデンタイム初MCの「世界ルーツ探検隊」初回視聴率は5・1%】の続きを読む

    【映画】『レザボア・ドッグス』25周年でタランティーノ&キャスト陣が再集結で裏話披露!
    1 :イセモル ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 18:29:20.11 ID:CAP_USER9.net
    [映画.com ニュース] バイオレンス・アクションの金字塔「レザボア・ドッグス」の誕生25周年を祝うべく、クエンティン・タランティーノ監督と、ハーベイ・カイテル(Mr. ホワイト役)、マイケル・マドセン(Mr. ブロンド役)、スティーブ・ブシェーミ(Mr. ピンク役)、ティム・ロス(Mr. オレンジ役)らキャストが再結集。米ニューヨークのトライベッカ映画祭で4月28日(現地時間)に行われた特別上映後のトークショーにそろって出席した5人は、思い出話を交えながら同作にまつわる裏話の数々を披露した。

    米Deadlineによれば、冒頭キャスティングについて尋ねられたタランティーノから、「実はトム・ウェイツもオーディションしたんだ」と驚きの事実が発覚。「あのセリフをトム・ウェイツが口にするのを聞きたいがために、マドンナのくだりを読んでもらったんだけど、天下のトム・ウェイツに、『詩的で良く出来た脚本だ』って褒められた時は、最高に誇らしかったね」と述懐したという。

    映画史上最もアイコニックなシーンの1つとなった、Mr. ブロンドの“拷問ダンス”の話題になると、会場の盛り上がりは最高潮に。スティーラーズ・ホイールのヒット曲「スタック・イン・ザ・ミドル」の軽快なリズムに合わせて踊りながら、警官の耳を切り落とす有名なシーンだが、同役を演じたマドセンいわく、撮影当日その場で考えついたアドリブによる演技だったという。

    マドセンはまず「おれが完全にビビっちまっていたせいで、リハーサルもやらせてくれなかったよな」と監督にツッコミを入れた後、「脚本にはただ『狂ったように踊り回るMr. ブロンド』としか書いていなかったし、ミック・ジャガーみたいに踊り狂えばいいのか?とか、あれこれ想像してみたものの、どうすりゃいいのかまったく分からなかった」と告白。解決策が見つからないままぶっつけ本番で撮影に臨んだが、「曲が鳴り出した瞬間、ジェームズ・キャグニーが頭に浮かんだんだ。どの映画だったかは忘れたけど、彼がクレイジーなダンスをする場面をふと思い出してね。その結果が、あのシーンってわけさ」と、往年の映画スターにインスピレーションを得たことを明かした。


    引用ここまで
    http://eiga.com/news/20170502/12/
    ?1493624341

    【【映画】『レザボア・ドッグス』25周年でタランティーノ&キャスト陣が再集結で裏話披露!】の続きを読む


    1 :@Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/02(火) 11:00:06.67 ID:CAP_USER9.net
    1日に放送されたNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀SP」(月曜・後7時半)
    の平均視聴率が7・7%だったことが2日分かった。

    拡大版で放送された今回は「1アウトの意味 メジャーリーガー・田中将大」と題し、ヤンキース・田中将大投手(28)に密着。
    メジャー4年目を迎えた右腕に3か月の取材を敢行。

    開幕戦で自己ワーストの7失点、3回もたずに降板と、オープン戦での好調ぶりがうそのような悪夢のスタートを切った田中の「仕事の流儀」に迫り、
    趣味の釣りなどプライベートの素顔にも迫った内容だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    スポーツ報知 5/2(火) 10:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000079-sph-ent

    写真


    【【テレビ】<NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀SP」>「1アウトの意味 メジャーリーガー・田中将大」の視聴率は7・7%・・・】の続きを読む


    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/04(木) 06:15:45.31 ID:CAP_USER9.net
    デイリースポーツ 5/4(木) 6:05配信

     とんだ騒動?に巻き込まれた形となった稀勢の里

     「大相撲夏場所」(14日初日、両国国技館)

     3場所連続優勝を目指す横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が3日、両国国技館で行われた横綱審議委員会(横審)の稽古総見を欠席した。左上腕部などの負傷から回復途上で部屋での調整を優先させた形ながら、連絡の不手際で「無断欠席か!!」と一時は協会幹部から怒られる事態になった。満員8000人のファンもガックリで横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)も苦言。すべては夏場所、結果で応えるのみだ。

     居並ぶ横審委員、協会幹部、何より満員8000人のファンが肩すかしを食らった。待てど暮らせど稀勢の里が来ない。しかも連絡も一切ないまま、稽古総見は終了したのだ。

     まさかの無断欠席。広報部長の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「連絡はなかった。(弟弟子の)高安には『こういうのはダメ。師匠に言っておいて』と。もう大関とは違うんだから」と吐き捨てた。八角理事長(元横綱北勝海)も「連絡があったのか分からない。(欠席は)まあ残念」と不満顔を浮かべた。

     ただこれはとんだ誤解だった。不手際は師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)。前夜、師弟で話し欠席を確認しながら連絡を怠ったのだ。すぐさま理事長に謝罪を入れ、「もっと早く伝えるように」と厳しく説教された。

     「俺もビックリ」と“被害”に巻き込まれ、一番驚いたのが稀勢の里。一方で年に一度の一般公開の総見に早朝から2000人を超える列ができた。横審の北村委員長からは「土俵に上がらないまでも、まわしを締めて欲しかった。お客さんがたくさんいる」と苦言を呈された。

     本人はみっちり部屋で稽古した。非公開ながら2日連続で三段目力士相手に相撲を取った。総見欠席には「関取衆と相撲が取れない。基本動作だけならできるけど(部屋で)相撲が取りたかった。申し訳ない」と話した。

     夏場所初日から逆算した調整にメドは立った。「きょうの感じだと(もっと)早くなる」と8、9日の二所ノ関一門連合稽古で関取衆と相撲を取る予定だ。「ケガの功名じゃないけど左(腕)の動きが良くなっている。右も自然と強くなっている。面白くなってきそう」と力を込めた。日本出身力士16年ぶりとなる東正位の横綱。3場所連続優勝のかかる主役だからこそ注目も苦言も浴びる。夏場所、結果で応えるのみ。その準備に今は全力を挙げる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000036-dal-fight

    【【相撲】稀勢の里もビックリ 稽古総見“無断欠席”実は田子ノ浦親方の連絡ミス…】の続きを読む


    1 :りんがべる ★@\(^o^)/ :2017/05/03(水) 10:21:39.63 ID:CAP_USER9.net
    http://dailynewsonline.jp/article/1306739/

     視聴者が一斉に離れて怪物に悲しみ募るーー。
    4月30日、綾野剛(35)主演の連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)の第2話が放送された。
    斎藤工(35)が友情出演するサプライズが用意されていたものの、平均視聴率は1ケタに転落し、
    視聴者の反応も「綾野剛と柳楽優弥の無駄遣い」「キノコが気持ち悪い」などと芳しくない。期待された作品の不調はいったい何が原因なのか?

    ■キャスティングの失敗?「キノコ気持ち悪い」の声も

     30日に放送された第2話では、感情が高ぶった怪物・深志研(綾野)に触れられた津軽晴果(田島ゆみか・27)が、顔に透明なキノコをつけ、意識不明に陥る。
    姉・晴果に付き添う津軽継実(二階堂ふみ・22)は、稲庭聖哉(柳楽優弥・27)に彼から話を聞いてきてほしいとお願いする。
    翌日に判明した平均視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。第1話にマークした11.2%から一気に3.9ポイントも下降した。

     そんな2話では、深志研を生み出した医学博士・深志研太郎として斎藤が友情出演。
    それでも「今日は何を伝えたかったのか本気でわからなかった」「綾野剛と柳楽優弥の無駄遣い」「キノコ気持ち悪い」
    「フランケンのやつなんでキノコなの? 綾野剛は見たいけど気持ち悪い」など視聴者からはブーイングの嵐だった。

    「イメージが悪化している原因の一つが、綾野の体から生えるキノコでしょう。
    顔がキノコに覆われるシーンはまるで湿疹や皮膚炎のようにも見え、綾野目当ての女性視聴者が嫌悪感を催しています。演出としてはかなり失敗の部類でしょう」(報道関係者)

     しかし、視聴者離れの要因はもっと基本的なところにもあるようだ。

     『フランケンシュタインの恋』出演者の中で、戦犯候補の一人に挙がっているのがヒロインの二階堂。
    綾野と柳楽の二人から思いを寄せられる病弱の理系女子を演じているが、このキャスティングが視聴者にはピンと来ない様子だ。

    「やたら演技派扱いだけど、普通の人が演じられないってうまいとはいえない」「売れている理由が益々わからなくなった」と放送中から非難が相次ぐ不人気ぶり。
    また数々の浮名をはせる肉食女子だけに「二階堂さんみたいな肉食獣は狩る相手(共演俳優)次第なんでしょうね。狩りがいがない相手だとやる気無し」という揶揄まで飛んでいる。

    「二階堂は菅田将暉(24)や山・賢人(22)、星野源(36)など数々の人気俳優と噂になった”オンナの敵”。
    綾野や柳楽が次なる獲物に見えても仕方ないでしょう。そうした私生活でのネガティブイメージが強すぎることで、ドラマの役柄に余計な先入観を与えてしまう。
    もはや二階堂への期待は、セクシーさを売りにする斎藤との濃厚なラブシーンくらいしかないのでは?」(前出・関係者)

     かたや主演の綾野も”共演者キラー”として数々の女優と浮名を流してきた肉食俳優で、かつては当時未成年だった橋本愛(21)とのデート現場をキャッチされたことも。
    こうしたスキャンダルが多い2人による純愛ドラマに果たして視聴者が感情移入できるのか。
    2話目にして大きく視聴率を落としてしまった『フランケンシュタインの恋』。
    そんな明らかな配役ミスがはやくも露呈した格好だが、この先、視聴者を呼び戻すことができるのだろうか。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    ※1974年滋賀県出身。フリー記者。
    某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。
    主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。


    dailynewsonline
    2017.05.03 08:05

    【【ドラマ】二階堂ふみ(22)が戦犯? 『フランケンシュタインの恋(日本テレビ系)』が視聴者離れのワケ】の続きを読む

    有森也実 女優をやめたくなるほど追い込まれた映画に感謝
    1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/05/04(木) 07:22:19.68 ID:CAP_USER9.net
     5月13日公開の映画『いぬむこいり』(片嶋一貴監督)で、主演女優の有森也実(49)が体当たりの演技を見せている。約4時間に及ぶ長尺で描かれるのは、犬と人間の娘が結婚する民話「犬婿入り」をベースに繰り広げられる異色のファンタジーだ。

    「実現まで時間がかかりましたが、もともと片嶋監督と偶然再会した2009年に持ち上がった企画です。実際に259ページものシナリオを目にした時は、『これ本当に撮れるの?』って不安になりました」(有森、以下同)

     2015年夏、1か月半かけて行なわれた撮影では、「犬男」との過激な濡れ場も演じた。“演じない”意気込みで挑んだが、撮影直後は女優をやめようと思うまで追い込まれたという。

    「全てに疲れ果て、1年は『いぬむこいり』の話すらできませんでした。ただ、編集作業が進むにつれ、映画に向き合わなければ製作に協力してくださった皆さんに顔向けできないと思い、徐々に立ち直っていきました。今は映画に対して感謝の気持ちでいっぱいです。これからも5年に1度くらいは『あの役、有森だったんだ!』って、観客を驚かせたいです(笑い)」

     今回のグラビアは「爽やかさが漂っていて気に入っている」と話す有森。年を重ねた有森ならではの妖艶なボディラインと独特なエロスに、女優としての成熟を感じさせる。

    ●ありもり・なりみ/1967年12月10日生まれ。神奈川県出身。雑誌モデルとしてデビュー後、女優として活躍。1986年に映画『キネマの天地』のヒロイン役で、第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。大河ドラマ『翔ぶが如く』『秀吉』、連続テレビ小説『あすか』『ゲゲゲの女房』(以上NHK)、『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)などの話題作に出演。今回掲載の写真は、2016年1月1・8日号で掲載した撮り下ろしグラビアのアザーカットから厳選した。

    ◆撮影/松田忠雄

    ※週刊ポスト2017年5月5・12日号
    2017.05.04 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20170504_521863.html?PAGE=1#container


    【有森也実 女優をやめたくなるほど追い込まれた映画に感謝】の続きを読む


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 18:09:14.15 ID:CAP_USER9.net
    俳優の菅田将暉(24)が4月24日、自身がパーソナリティを務める深夜ラジオ『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、
    「僕はこれからスタンスとして、沈黙という方法をとります」と発言し、話題を集めている。
    これに対して菅田将暉のファンからは、4月1日付のデイリースポーツで報じられた、女優・本田翼(24)との熱愛報道に対しての批判コメントではないかと囁かれている。

    昨年放送されたドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)で共演して交際に発展したと言われている菅田と本田のカップル。
    この報道について双方の事務所は「共演者・友人の一人」とコメントし、熱愛については深く言及することはなかった。しかし巷では二人の“肉食ぶり”が話題になっている。
    その背景には、それぞれ人気タレントとの“恋愛遍歴”がある。

    本田は2015年に俳優の三浦翔平(28)と交際話が浮上。自宅でのマンションデートなどが報じられ、同棲しているのではないかとも噂された。
    この時も、2013年に『ショムニ2013』(フジテレビ系)で共演していたことが交際のきっかけとされていた。
    また、本田の趣味であるゲームや漫画で意気投合し、“インドアな愛”を育んできたと言われている。

    「こうも共演者かつ人気俳優との熱愛が報じられると『共演者キラーなのかな』『男関係が派手なイメージ』という声が聞こえてくる。
    本田のふわっとした見た目のイメージとのギャップが、そういった声を加速させている面もあるでしょう」(スポーツ紙記者)

    また、ガツガツとした肉食女子のイメージが定着してしまったからか「しばらくたったら、また他の人気俳優との噂が浮上するのでは」とも言われるありさまだ。

    ■“イケイケ男”菅田将暉

    一方の菅田も、過去に女優の二階堂ふみ(22)や小松菜奈(21)との熱愛説が浮上したのが記憶に新しい。
    しかし、どちらも交際には至ることはなかったようで、今回の事務所のコメントのように、共演者の一人にすぎない可能性もある。
    ただこのコメントは、現在菅田が所属する事務所の苦しい現状を踏まえた発言だという声もある。

    「現在菅田の事務所は、稼ぎ頭として菅田と松坂桃李(28)がフル稼働させられている状態です。
    実はこれまでもう一人、成宮寛貴(34)がいたのですが、電撃引退によって一気に二人にかかる荷重が増えました。
    そのため、ファン離れを考慮して堂々と交際宣言されても困るというのが本音では」(前出・記者)

    ラジオ番組での「沈黙という方法をとる」という発言の裏には、どのような本心が隠されているのか。
    菅田と本田という人気者同志の交際はもちろん、今後の熱愛報道からも目が離せない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1306046/
    2017.05.02 11:40 デイリーニュースオンライン

    【菅田将暉がマスコミ批判?本田翼との熱愛報道に”ブチ切れ”の憶測】の続きを読む

    忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ hitomiは2度の離婚、YUIは双子を出産
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/05/03(水) 06:16:05.52 ID:CAP_USER9.net
    いつも街に歌があふれていた──。そんな時代を象徴する宇多田ヒカルや中森明菜の復活は、昨年末の音楽シーンに大きな刺激を与えた。
    ただ、大ヒットを放ちながら、その姿を見ることが少なくなった歌姫たちも数多い。気になる50組の消息を徹底調査!

    ・相川七瀬 代表曲「夢見る少女じゃいられない」(95年)

    織田哲郎が中学生の頃から手塩にかけて育て上げ、晴れてデビューするとミリオンを連発。現在は3人の子供を育てているため、歌手活動と並行して育児関連の仕事も多い。

    ・鈴木亜美 代表曲「BE TOGETHER」(99年)

    「ASAYAN」で合格してデビューすると、いきなり「モー娘。」を追い落とす勢い。独立騒動で長らく活動休止の時期もあったが、今年1月12日に第一子の男の子を出産。

    ・globe(KEIKO) 代表曲「DEPARTURES」(96年)

    デビューアルバムは、当時の新記録となる400万枚超のセールス。ボーカルのKEIKOは11年にクモ膜下出血を発症し、現在も夫・小室哲哉が懸命な介護を続けている。
    小室は昨年末のテレビ番組で記憶障害があることを明かし、現在の状態を「たぶん小学校高学年か中1くらいの女の子の感じ」と説明した。

    ・岡本真夜 代表曲「TOMORROW」(95年)

    デビュー曲がドラマ主題歌という幸運もあり、いきなり177万枚の特大ヒット。テレビ初出演が同年の紅白というのも話題になった。残念ながらここ9年ほど新曲は出ていない。

    ・GAO 代表曲「サヨナラ」(92年)

    ハスキーな声と、男か女かわからないルックスで話題になった。一時、アーティスト活動に終止符を打ってニューヨークに渡ったが、現在はバンドを率いて精力的にライブ展開。

    http://www.asagei.com/excerpt/79152
    Posted on 2017年5月1日 05:58

    前スレ                     2017/05/02(火) 18:03
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493732113/

    【忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ hitomiは2度の離婚、YUIは双子を出産】の続きを読む


    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2017/05/03(水) 05:07:40.80 ID:CAP_USER9.net
    サンケイスポーツ 5/3(水) 5:00

     アイドル時代のロングヘアからソロになってボブに変身!

     つぶらな瞳と色白の美肌がまぶしい元アイドリング!!!の女優、石田佳蓮(20)は「ジムに通って筋トレやヨガで体を鍛えることに今、ハマってます」と充実の表情を見せる。

     ジム通いの目的はダイエット。ライブで歌い踊っていたアイドル時代は、身長1メートル60、体重36キロ前後と超スリムだったが、一昨秋の解散後も「同じ量の食事を続けていたら5キロ増えてしまった」とお茶目に笑う。

     6月18日公開のホラー映画「霊眼探偵カルテット」(旭正嗣監督)で、人の未来を透視する能力のある女子高生を演じる。「女優業はもちろん、バラエティーにも出演して芸人さんたちと共演したいし、モデルやメークの仕事にも興味がある。目標はローラさんです!」とマルチな活躍を目指す。


    ・7月には舞台が控え、ソロとして順調な石田佳蓮。理想のタイプについては「優柔不断な私を引っ張ってくれる人がいい」と照れ笑いした=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)(写真:サンケイスポーツ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000500-sanspo-ent.view-000
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000500-sanspo-ent

    【石田佳蓮、可憐なボブ姿でマルチな活躍を♪「目標はローラさんです!」】の続きを読む


    1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/04/30(日) 10:38:14.23 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000073-sph-ent
    スポーツ報知 4/30(日) 10:06配信

     双子の俳優・高木万平(31)、高木心平(31)が30日、それぞれのブログで俳優業から引退することを表明した。お互いのブログに同じ文面で引退を報告した。

     「拝啓 春の息吹が感じられる今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか。突然ですが、ご報告があります。私どもの俳優活動に対して、10余年の長きにわたりファンの皆様には応援を頂戴し本当に感謝しています。昨年から二人で考えていたことですが30歳を迎えた事を区切りとして俳優業から身を引き新たな出発をする運びとなりました。思い出深い芸能の仕事でしたが、これからは新天地にて邁進していく所存でございます。重ねて支えて下さった皆様のご健勝を祈念し、心から御礼申し上げます」

     また、お世話になったファンに直筆の手紙を書くことも提案し、応募のためのアドレスを公開している。

     2人は個々で活動する一方、双子役などでの共演も多く、昨年8月にはダブル主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」が公開されていた。

    【双子俳優・高木万平と心平が引退表明「新たな出発をする運びとなりました」】の続きを読む

    【国際】アンチ韓流が新たなブームに 米・中・英などで飽きられる インド・日本・中国・UAEでは反感を抱く人も多い
    1 :ranran roo ★@\(^o^)/:2017/05/01(月) 20:00:48.71 ID:CAP_USER9.net

    2017年5月1日、新華社はこのほど、韓国の流行文化に反感を抱く海外消費者の割合が増えており、韓流関連の消費意欲が萎縮傾向にあると報じた。

    韓国文化産業交流財団が4月に発表した報告書「グローバル韓流実態調査」(2016年)から明らかになった。

    報告書における調査は、16年10〜12月に米国や中国、日本、英国など15カ国で実施され、7200人がネットを通じてアンケートに回答する形式で行われた。

    その結果、今後1年で韓流関連消費の支出を増やす可能性のある消費者は31%で、前年調査よりも10ポイント低下。とりわけ米国と中国、英国、アラブ首長国連邦(UAE)などの国で消費意欲が大幅に落ち込んでいることが分かった。

    韓流に反感を抱く人の割合は平均21.1%で、15年は16.2%だった。反感を抱く人が最も多かったのはインドで、33.7%。次いで日本が28.3%、以下中国、アラブ首長国連邦と続いた。

    反感を抱く背景には、韓流商品がどれも似たような内容で、過剰にセンセーショナルであったり、コマーシャライズされていたりすることに加え、韓国との政治・外交上の摩擦などが影響しているとみられている。

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176814&ph=0 VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【【国際】アンチ韓流が新たなブームに 米・中・英などで飽きられる インド・日本・中国・UAEでは反感を抱く人も多い】の続きを読む


    1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/01(月) 21:55:01.94 ID:CAP_USER9.net
     「フライデー」(講談社)で違法薬物の使用疑惑などを報じられ、昨年12月9日に薬物使用を否定する一方で芸能界引退を発表した、俳優の成宮寛貴に復帰情報が浮上していることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

     引退後、成宮の行方については様々な憶測が飛んでいたが、同誌によると、引退から数週間後、その姿はインドネシア・バリ島にあり、友人らしき日本人男性と買い物する姿が目撃されたとか。帰国後は六本木や札幌で飲み歩く姿が目撃され、引退発表時に住んでいた渋谷区内の高級住宅地のマンションはすでに引き払ったという。

     成宮の引退発表後、薬物使用疑惑について“グレー”のままだったためか、成宮が出演していた「相棒」(テレビ朝日系)シリーズの再放送が差し替えに。しかし、3月22日に最終回を迎えた「相棒season15」の回想シーンには成宮が登場し、クレジットも流れた。そのことから、テレ朝と成宮の間に何らかの接触があり、本人の了承があったと思われる。

     そんな成宮には芸能界復帰への動きは確かにあり、大手芸能プロのバックアップのもと、舞台への出演を果たし、客やマスコミの反応を見ながら徐々にテレビや映画への出演のチャンスを探していく計画が浮上しているというのだ。

     「成宮の芸能界の恩人は3人いると言われる。まず1人が新宿2丁目時代に知り合った女優のかたせ梨乃。かたせが紹介したのが2人目の恩人である演出家の宮本亜門氏。そして、もう1人が某女性歌手の事務所社長でこの人物も2丁目が縁で知り合ったようだ。大手プロは『文春』に対してバックアップを否定したが、3人の恩人のうちの誰かがいずれ“救いの手”を差し伸べるのでは」(芸能記者)

     演技力には定評があっただけに、高いハードルである復帰さえクリアできれば仕事は軌道に乗りそうだが…。

    2017年5月1日 20時0分 リアルライブ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13009980/

    【<成宮寛貴>早くも芸能界復帰情報が浮上!「週刊文春」】の続きを読む


    1 :シャチ ★@\(^o^)/ :2017/04/30(日) 23:08:47.51 ID:CAP_USER9.net
    俳優の梅宮辰夫(79)が30日、北九州市内で行われた、40歳を祝うイベント「北九州市合同同窓会 
    二度目の成人式」にゲスト出演し、40歳を前にしたころに「俺はがんで死ぬ」と思ったことを告白した。

     同イベントは、2017年度に40歳を迎える北九州ゆかりの男女が集まり、「これまでの40年間を振り返るとともに、
    今後の40年の生き方を見つめ直すことで、互いの関係を深め合う」(2度目の成人式実行委員会)ことを趣旨に開催。
    今年が初開催で、主催者によると、この日は40歳を中心に1100人が集まった。

     梅宮は北九州には「魚釣りで、年4、5回くらい訪れる。空港から釣り場へ行くだけだけど。そこはよく釣れるんです」と、
    北九州との意外な繋がりを明かした。40歳を迎えた人々を前に梅宮は自身の30代から40代について
    「(代表作の)映画『不良番長』シリーズをやっていた。4年間で16本に出演した」
    「ハリウッドのスターが俺たちの目標だった」などと振り返った。

     また、梅宮は40歳前ころ「実は病気をしましてね。肺がんになったんです。
    で、俺はがんで死ぬな、早死にするなと思った」ことを明かした。

     そのため、家族と過ごす時間に気を配り、「なるべく1分1秒でも家族と一緒にいようと。
    (それで)ものすごく生活がまじめになった。酒もやめ、飲みにもいかない。仕事が終わったらまっすぐうちに帰る。
    おかげで友達がいなくなったね(笑)。うちでは家族のために料理つくって、
    あとは仕事に行ってお金を稼ぐだけ。ものすごいまじめになった」と語った。

     同イベントには、お笑いトリオのロバートと出席した。

    デイリースポーツ 4/30(日) 20:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000132-dal-ent

    【梅宮辰夫 40歳前に肺がんになり「早死に」覚悟 家族と過ごす時間を増やした】の続きを読む

    沈黙の松田聖子への結婚報告「別の時に…」と村田充
    1 :muffin ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 12:07:19.13 ID:CAP_USER9.net
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1815578.html
    2017年4月30日7時46分

    神田正輝(66)が29日、村田充(みつ=39)との結婚を発表した娘、神田沙也加(30)について、大阪市内で仕事終了後、心境を語った。

     都内で行われている舞台に出演中の村田は終演後、取材に対応し、義父となる神田が取材対応したことについて「恐縮です」と感謝していた。
    神田については「人生の先輩としても、役者の先輩としても、尊敬しています」。
    一方、聖子に結婚報告したか聞かれると「別の時に…」と話しただけで、直接会って結婚報告したかについては答えなかった。



    【沈黙の松田聖子への結婚報告「別の時に…」と村田充】の続きを読む

    中村獅童、初音ミクと歌舞伎でコラボ「息を合わせるのは難しい」
    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 05:22:28.96 ID:CAP_USER9.net
    2017.4.30 05:00

     歌舞伎俳優、中村獅童(44)が29日、千葉・幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2017」で、ボーカロイドとコラボした超歌舞伎の新作「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」を上演。
    昨年に続くバーチャルアイドル、初音ミクとの共演について「相手はバーチャルですから、バーチャルとアナログ(歌舞伎)で息を合わせるのは難しい」と本音を漏らしながら、
    「去年以上にパワーアップした舞台をお見せしたい」と気合を入れた。30日も同所で。


    「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」の初披露前に取材に応じた中村獅童




    http://www.sanspo.com/geino/news/20170430/geo17043005000008-n1.html

    【中村獅童、初音ミクと歌舞伎でコラボ「息を合わせるのは難しい」】の続きを読む

    【ラジオ】ベッキー 休業期間を語る「人生で一番長い1年でした」「35、36歳で結婚かなぁ」
    1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/05/01(月) 02:41:20.27 ID:CAP_USER9.net
    http://tfm-plus.gsj.mobi/news/krYUO8fmwd.html?showContents=detail
    2017-04-30 (日) 11:00



    放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。
    4月23日の放送ではベッキーさんをゲストに迎え、お休みをされていた1年間や結婚について伺いました。

    高須:芸能界に帰ってくるまでの間はどうでしたか?
    ベッキー:今はいろいろなお仕事ができていることが奇跡のようというか。
    今まではご飯に誘われたら「いつでも空いてます」だったのが、仕事で断る日もあってありがたくて仕方ないです。

    高須:あんなに落ちることってある? 100人もいるかな。だからすごい経験をしていると思う。
    ベッキー:もちろん大変でしたよ。でも尊敬する芸能界の先輩に「ぶれるなよ」って言われたんです。
    何についてとかはなくて、ただ「ぶれるなよ」と。その時に「仕事に戻るぞ」という気持ちをぶれさせないと思って乗り越えましたね。

    高須:すごいね。逃げたくなるからね。
    ベッキー:逃げるのは簡単ですよね。大変な道のりですけど、やっぱりテレビが好きというのが一番だったので。
    図々しいですけど、“戻らせていただきたい”という気持ちを持ってました。

    高須:テレビは楽しいからね。
    ベッキー:楽しいし、泣いてた日々も笑いに変えてくれるプロがいますから。

    高須:この1年は早かった?
    ベッキー:長かったです。時計の針を見て1秒、10秒、1分……と数えてました。
    仕事がない、家から出られない、反省することしかできないっていう1日ってめちゃくちゃ長いんです。人生で一番長い1年でした。

    高須:友達はどうだったの?
    ベッキー:いろんな優しさがありましたね。家にたくさん泊まりに来て寄り添ってくれた子もいるし……。
    本当にマックスにつらい時って1人でいられないんです。1人で寝るのが怖くて、テレビ電話を置いて眠ったこともありました。迷惑をかけちゃいましたね。

    高須:そうか。そんな悪いことしたんかな〜……(笑)。まぁそれは置いといて、仕事はどうですか?
    ベッキー:今のスケジュールはちょうといい感じですね。詰め詰めすぎず、オフもほどよくあって。

    高須:休みの日はどうしてるんですか?
    ベッキー:最近は何してるかな……。私は友達がしたいことをするのが好きなんです。友達に「何したい?」って聞いて一緒にするのが好きですね。

    高須:ベッキーやな。自分のやりたいことは無いんですか?
    ベッキー:たぶん、ドMなのかもしれないです。友達の幸せそうな顔を見るのが好きというか。いい人ぶってるとかじゃなくて、それが好きなんです。
    (続きます)

    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493520934/

    【【ラジオ】ベッキー 休業期間を語る「人生で一番長い1年でした」「35、36歳で結婚かなぁ」】の続きを読む

    アグネス・チャンさん、香港の教育局長就任報道を否定「私を任命することはあり得ない」
    1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/04/30(日) 23:30:18.24 ID:CAP_USER9.net
     香港メディア「マスターインサイト」は30日、歌手アグネス・チャンさんが香港の林鄭月娥・次期行政長官から教育局長(閣僚)への就任を要請されたとの一部報道を否定したと伝えた。

     アグネスさんは同社社長とのインタビューで「(報道に)びっくりした。私を任命することはあり得ない」と述べたという。林鄭氏側は新政府のメンバーが決まるまで一切コメントしないとしている。

     香港のネットメディアは28日、アグネスさんが教育局長就任を要請されたと報じていた。(共同)


    2017.4.30 22:15
    http://www.sankei.com/world/news/170430/wor1704300040-n1.html


    関連スレ
    【芸能】アグネスさんが教育局長? 香港、次期長官要請と報道
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493378175/

    【アグネス・チャンさん、香港の教育局長就任報道を否定「私を任命することはあり得ない」】の続きを読む


    1 :アブナイおっさん ★@\(^o^)/:2017/05/01(月) 12:30:01.11 ID:CAP_USER9.net
    国会議事堂東日本大震災における発言をメディアが大きく報じたことも相俟って、26日、復興相を辞任した今村雅弘氏。
    これを受け、同日、自民党の二階俊博幹事長はメディアに苦言を呈した。発言の一部分のみが一人歩きし、それに対し謝罪を求める風潮の高まりが否めない昨今、
    フィフィは息苦しさを感じているという

    ■「謝罪ばかりを求める窮屈な風潮」

     元々、日本人はすぐ謝るところがあるよね。だけど、最近その度が過ぎているように思います。
     今村氏の辞任の件は、そもそも今回の失言以前に、この人は復興相に向いていないんだなと思う言動が多々あったので、いずれにせよ辞めなきゃいけなかったんだとは思います。
    発言自体も、居酒屋でおじさんがノリで言うような発言に近かったですし、適切ではなかったと思う。

     だけど、それに対して発した二階氏の言葉は一理あるなと。
    発言のなかに1行でも悪いところがあると、首を取れと言わんばかりに報道するマスコミの姿勢を二階氏は批判していましたが、そこには深いものがあると感じたんです。

     本来、政治とマスコミは対峙するところにいなければならないわけですから、マスコミが政治家の足元を掬おうとするのは、ある程度仕方のないことではあります。
    だけど、それがあまりにも行き過ぎてしまうのは問題。テレビを見ていても、誰かが失言した、誰かが不倫した、ずっとそういう話ばかりでしょ。報道がそこに留まってしまっていて、
    本当にしなければいけない話にまでいっていないわけです。

     そして、こうした過度なマスコミの報道に世間が刺激され、謝罪ばかりを求める窮屈な風潮ができてしまうこと。これを私は危惧しているんです。

     昔は有権者が声を届けようにも、その方法がなかったけれど、今は発信できるツールがあるでしょ。ひとつひとつの発言に敏感に反応して、それを発信することができる。
     だから政治家たちも、昔と違って、ひとつ失言してしまったらアウトなんだなというところをすごく怖がっていると思いますよ。マスコミの意見に世間が同調して、
    ひとりひとりが発信することで追い込みにかかることを怖がっていると思います。発信するツールがなかった時代、つまり一昔前の政治家はもっと自由に発言していたよなと思うわけです。

    ■「ターゲットは芸能人にも…」

     そしてそのターゲットは政治家のみならず、芸能人にも向いています。芸能人の些細な言動すらターゲットになっているんです。

     たとえば最近でも、子どもに蜜の吸い方を教えるために、公園に咲いていたツツジを摘んだことを医師でタレントの友利新氏が25日のブログに綴ったところ、
    窃盗罪もしくは器物損壊罪にあたるとの批判の声が寄せられ、謝罪しましたよね。

     この行動を謝罪するべきだと思っている人なんて、本当に一握りだと思います。いくら謝罪を求める風潮があるからといって、何でも謝罪すればいいという話ではないですよね。
    SNS上で拡散した投稿のなかに、何らかの批判できる点はないかと探している人たちが常にいるわけですから。そのひとつひとつに必ずしも対応する必要はないと思います。
     謝罪させることに過度に躍起になっている人たちの声ばかりが、あまりにも届き過ぎた結果、本当につまらない社会になってしまいましたよね。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170430/Jprime_9591.html?_p=2
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170430/Jprime_9591.html

    【フィフィ、二階幹事長のマスコミ批判発言に「一理ある」「謝罪ばかりを求める窮屈な風潮」「マスコミの意見に世間が同調」】の続きを読む


    1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/04/30(日) 10:40:16.98 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000074-sph-ent
    スポーツ報知 4/30(日) 10:15配信

     俳優の石原良純(55)が、30日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、一部週刊誌が報じた石原プロの内紛について「内紛ありません」と断言した。

     記事では、石原プロの元常務が会社への不満を告発。これについて良純は「この記事がすごく分からないのが、石原プロって、石原裕次郎が好きで、石原裕次郎とともに映画をやりましょうっていう人たちが集まって、それは未だに思っているっていう会社なんです」と説明。その上で「それが嫌だったらやめていけばいいじゃんと思う」と持論を展開した。

     良純は、石原プロの精神は「石原裕次郎を守る。何を守るかっていうとファンの夢なんですよ。夢をずっと伝承していくためのもの」と強調。告発した元常務について「四の五のそこで言うのが分かんない」と憤っていた。

    【石原良純、週刊誌で報じられた石原プロ内紛は「ない」と断言】の続きを読む

    このページのトップヘ